マイナンバー制度のデメリットっていったい? 対策はあるの?

Sponsored Links

皆さんのもとにもマイナンバー制度の通知が

届き始めていることと思います。

実際は企業も自治体も準備が間に合っていない状況ではありますが、

いったいマイナンバー制度の何がデメリットなのでしょうか。

対策などについて調べてみました!

マイナンバー制度でどのようになる?

マイナンバー制度のデメリットは?

geralt / Pixabay



この制度が始まることで、税に関する紐付が

マイナンバーにされます。税だけではありません。

年金・介護などの保険料納付状況も含めて

このマイナンバー制度が利用されます。

政府としてはマイナンバー制度で各個人の所得・年金・医療などの

状態を正確に把握することで効率的に。かつ、行政の業務効率化や

生活保護の不正受給・脱税対策などの抑止効果が期待されています。

マイナンバーが他者に漏れることはないの?

たしかに政府にとっては便利になる制度です。

わたしたちはマイナンバーが通知されたあと、

本人及び扶養している家族のマイナンバーを

勤める会社などに報告をします。

もし仮にその情報が漏えいした場合はどうなるのでしょうか。

絶対に漏えいしないとは言い切れません。

個人情報はいつでも危険にさらされている状態であると

認識したうえで、対策をする必要があります。


Sponsored Links


マイナンバーを漏らさない対策はある?

企業に渡したマイナンバーは企業が対策を施さない限りは

危険にされされます。個人で対策をする術がありません。

ただし、この制度が開始されるにあたって

怪しい電話が増える可能性や、WEBサイトで

マイナンバーの入力を求められることがあるかもしれません。

どう考えたってマイナンバーを利用することなんてありえませんから、

情報を開示する必要はありません。

こういった電話を使った詐欺などが増えてくると思いますので

高齢者が身近にいる場合は特に気を付けるようにしましょう。

 

さいごに

少しわかりにくいマイナンバー制度ですが、

またの機会にもう少し詳しく紐解いていきたいと思います。

まずは通知された段階で会社員の方は会社に通知をする

必要がありますので、取扱いには気を付けましょう。

 

Sponsored Links
    

このページの先頭へ