失敗しない!ホテル忘年会での押さえておきたいマナー

Sponsored Links

会社の忘年会、と言っても居酒屋でやる所もあればホテルでやる所もあります。居酒屋ならいつもの服装でOKですが、ホテルとなると服装のマナーに気をつけなければなりません。また、ホテルでの宴会マナーなども一緒に抑えておきましょう!

Sponsored Links



男性の服装は?スーツの人・作業着の人

男性の場合、オフィス勤務の方でスーツを着用している方であればそのままでも問題ないでしょう。仕事が終わってからネクタイだけ変えるのもオシャレに思われそうですね!ただ、普段は作業着や会社の制服という方についてはスーツに着替えるか、もしくはスラックスにシャツやカーディガンを合わせるなどカジュアルになりすぎない服装にしましょう。NGなのはジーンズやカーゴパンツ、Tシャツやパーカーなどです。また、靴もスニーカーはNG。ローファーやレースアップシューズなどにしましょう。



女性の服装は?OKスタイルとNGスタイル

まず初めにカジュアルなものや派手すぎるもの、露出が多いものは避けましょう。また、足元はブーツやミュール、スニーカーなどはNG。基本的にはヒールの高すぎないパンプスにしましょう。着るものでおすすめなのはワンピース。お料理を食べてお酒を飲んで…となるとお腹が膨れてしまいますよね。あまりお腹まわりの目立たないワンピースをチョイスしましょう。また、色合いもなるべく明るめの色にした方がいいですね。デニムやショートパンツもNGなので気を付けてください。

宴会・立食パーティのマナーは?

宴会で気をつけたいマナーについてですが、まずはその場に必要のないコートや手荷物などはクロークに預けます。本当はカバンも大きい物ではない方が望ましいですが、仕事が終わってまっすぐ行くという方も多いので会社の人に確認しておきましょう。最近多いブッフェスタイルの宴会の場合は…取りすぎに注意!隣の人に頼まれたから…と思ってたくさん取っていても、見ている側からすると「食いしん坊だな、この人」と思われるポイントに。一人分ずつ持ってくるのがマナーです。

おわりに

ホテルでの忘年会となると敷居が高いようにも感じますが、近年では多くのホテルで忘年会プランなどが出てきています。忘年会は年内の労をねぎらうために行われるもの。最後に服装やマナーで注意されたくないですよね。わからない場合は先輩や上司に昨年はどのような感じだったのか、今年はどのような服装で行く予定なのか聞いてみても良いかもしれませんね。

Sponsored Links
    

このページの先頭へ