大切なあの人に!クリスマスカードに添えたい英語のメッセージ!

Sponsored Links

クリスマスプレゼントに一言メッセージを添えて、ということを考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

せっかくメッセージを添えるのであれば、今年は少し大人っぽく英文で作成してみませんか?

短い英文を書き加えるだけでも、オシャレなメッセージカードになる筈。

 

今回は、お相手別のクリスマス向け例文を探してみました。

Sponsored Links

子どものプレゼントに一文を添えて

Efraimstochter / Pixabay



お子様のクリスマスプレゼントに一文を添えるのであれば、子どもでも分かる完結で定番のメッセージにしたい所。

「Merry Christmas!」だけでも、十分気持ちは通じるでしょう。

ちょっと変わったフレーズにしたいのであれば、「Merry Christmas to you!」なんてフレーズも、分かりやすさも兼ね備えていていいかもしれません。

 

恋人へのメッセージはロマンティックに!

恋人へのプレゼントにメッセージを添えるなら、日本語のメッセージよりも英語で書いたほうが気恥ずかしさが軽減されるかもしれません。

 

As you spend together next year today.(来年の今日も一緒に過ごせますように。)」

Thinking of you with love at Christmas.(クリスマスにあなたのことを想っています。 )」

なんて一文が挨拶と一緒に書いてあると、ちょっとキュンときませんか?

なお、英語圏では締めの言葉に「Love」や「Kiss」などの単語を使っているそうです。

 

Sponsored Links

ビジネスレターにも一言書き加えてみよう

普段かしこまった文章でのやりとりをしているビジネスレターにも、季節毎に一文追加するだけでちょっと気分が変わる筈です。

もらった相手も喜んでくれるかもしれません。

I wish you a Merry Christmas.(クリスマスおめでとう。)」

May peace, joy and happiness be yours this Christmas season.(安らぎ、喜び、そして幸せがこのクリスマスシーズンにあなたと共にありますように。)」

 

宗教色を出さないメッセージなら下記のフレーズもいいでしょう。

Much peace, love and joy to you all in 2016.

(2016年に安らぎと愛と喜びが皆様にありますように。)」

Wishing you wonderful holidays!(素敵な休暇をお過ごしになりますように!)」

 

一言手書きメッセージを添えるだけでも印象アップ!

クリスマスカードに既にメッセージが書いてあるタイプでも、自分の文字で一言添えるだけで、もらった方も嬉しくなるものです。

ビジネス向けならメッセージのないカードも多いでしょうし、尚更年末の良き日を祝う一文を添える事には印象アップの効果があるでしょう。

できればボールペンで書くより、万年筆のような筆記具を使うと良いと思われます。

 

 

毎年同じように過ごすだけ、というクリスマスを送られている方も、クリスマスのメッセージを交わすだけでずいぶんと気持ちが変わるのではないでしょうか?

今年のクリスマスは、思い切って英文でメッセージカードを作成してみましょう。

大切な人への思いが、より強く伝わってくれることでしょう。

Sponsored Links
    

このページの先頭へ